topへ戻る
ふたこぶハウス

株式会社タナカヤ

スマホ用メニューボタン

施工事例

ふたこぶハウス

Facade

その名前が示す通りのふたこぶ屋根が印象的なファサード。
建築における実務的課題の一つである、斜線制限に対してデザインによる解決を図りました。
そしてこのカタチは内包する空間コンセプトを最も端的に表しています。

Main Space

大きな吹抜けをもつメインスペース。
ふたこぶの屋根形状を反映した勾配天井になっており高低のギャップが、広い空間の間延びを防いでい ます。2 階はこの屋根・天井の高低により、空間にくびれを作りました。

Main Space 2

フラットなデザインのペンダントライトの下には食卓。
メインスペースの両側に階段を設けており、動線の自由度が2階空間のレイアウトの自由度を高めています。
住まい手の都合に合わせて、空間を一体的にも分割にしても使えます。

イメージ

Void

壁の操作によって部屋を割るのではなく、高さの操作によって空間にゆらぎをつくったふたこぶハウス。
部屋を明確に間仕切ることなく、それぞれの居場所をつくることで「間取り」という制限から、建物も 住まい手も開放します。